画像ファイル形式のオンライン変換

GIF 画像の公共性能比較

サルは、多くの組み込みのプロファイル、被験者、スケジュール、および管理の同期および非同期のリモート実行を提供します。 構成済みのプロファイル、サルことができます簡単にいくつかの基本的なテストを実行いくつかの典型的な建築設計のパフォーマンスを比較するを使用します。

ありますが、多くがテスト プロファイルを選択できますが、以下に示す 3 つの例は、いくつかの典型的なサルのプロファイル比較に慣れるようになります。 各例では、これらのプロファイルのパフォーマンスに影響を与えるオプションを理解するを参照してください。

注: 次のサンプル構成ファイルを実行後、ダブル番号や顧客数は倍増、呼び出されるし、再度テストなどの作業負荷を増やす必要があります。 この実験は、待ち行列が表示されます、アプリケーションにバッファー プール デザイン オプションは着実に増加ワークロードとしてします。

構成ファイル名説明
典型的なパフォーマンス、同期 (DB、直接、目に見える)、パフォーマンスを定義テストの同期接続を使用して、同期接続は、待っている顧客になります。
典型的なパフォーマンス、(DB、バッファー プール、表示) の同期は、同期接続バッファー プールのパフォーマンス テストを使用してオブジェクトを定義します。
非同期接続、キュー、およびオブジェクト バッファー プールのパフォーマンス テストを使用して、スケーラブルで堅牢なアプリケーションの典型的なパフォーマンス、非同期 (DB、タスク、目に見える) が定義されています。

猿 #1: 典型的なプロパティ、同期 (DB、直接、目に見える)
クライアントから同期接続のアプリケーション パフォーマンス プロファイラーの実装はアプリケーションがリモート ネットワーク デバイス上の画像オブジェクトに変換する直接の要求として。 接続が同期のため、クライアント アプリケーションはタスク完了するために待つし、画像の変換を返します前に妨げられます。

直接同期が含まれているメソッドの制限の費用で機能とオーバーヘッドの画像オブジェクトの変換を開始することです。 顧客は、タスクの完了後に操作を使用して、操作および変換画像が破壊されています。

 

この構成ファイルの 5 つの顧客プロセス、各 100 の呼び出しと呼び出しの遅延には Microsoft Jet の形式に直接接続されている ADO を使用して変換画像のマシンでの 0 ミリ秒。

テストの実行中にすべての呼び出し/秒は 27.4 だった

HVIF IGES PGML

 

CDF DjVu SWF XAML

交換可能なイメージファイルのフォーマット (Exif) 拡張メタデータ プラットフォーム (XMP)

変換する画像を定義します。

画像にサルの一部は非常に重要です。 選択がバッファー プール、キューは、画像の変換リソース消費特性を定義するだけでなく、Operations Manager を構成します。

それはすぐに作成されているオブジェクトを再利用できるため、バッファー プールは、重要な設計戦略です。 キューも重要な設計戦略では、キューを使用しているため、アプリケーション リソース消費の負荷の増加に対処しながらのバランスすることができます。 バッファー プールのみを選択することができます、キューおよびプールを選択することも (非同期モデルにのみ適用されます)。

操作マネージャーのオプションを構成するのには、次の 4 つのパラメーターを使用できます。

「操作の数」として以前指摘、非同期キュー モデルに関連付けられているパラメーター。 それは、キュー オブジェクトの数での"事前に"具体化によって決まります。
EXR は、フリッカン FPX GIF HDRi HEVC に適合します。

TIFF/IT WBMP WebP

「事前バインディング変換画像」オブジェクト コント ローラー バインディングの 2 つの方法でオブジェクトにインターフェイスできる: 遅延バインディングの IDispatch 機構を使用して、または vTable が事前バインディングを使用します。 一般的には、「オブジェクトとして」オブジェクト変数は遅延バインディングを宣言: 各メソッドまたはプロパティのアドレスは、実行時検索に決定されます。 コンパイル時に型を使用することができますライブラリ オブジェクト変数は、事前に関連付けられているオブジェクト変数のオブジェクト (たとえば、ステートメント「としてワークシート」) の特別な型として宣言されていますいます。 事前バインディングの多くの利点、最も重要なポイントより良いパフォーマンスを得るには。

保つ変換画像参照」多くのオブジェクト モデルで、オブジェクトが作成されますが呼び出されるたびに使用、および破棄します。 」画像参照の変換を維持」オプションでは、操作は、同じオブジェクトを繰り返し呼び出す場合メモリで画像オブジェクトのままが変換されることができます。 これはキュー マネージャー モデルで最も役立ちます。 直販モデルでは、呼び出しの数が (「顧客」のタブ設定で) で 1 より大きい場合にのみ作業パラメーター。
ICER ICNS ICO/CUR ICS ILBM JBIG JBIG2 JNG JPEG

 

定義の形式

サルは、書式設定オプションは次の 2 つのオプションがある:

Microsoft jet データベース エンジン

Microsoft(R) SQL server ™
選択テスト形式は、データ変換が成功するために、アプリケーションの要件によって異なります。 ジェット エンジンという個人的な形式が、同時接続ユーザー数が中程度に対処できます。 ジェットを使用してテストする場合、アプリケーションは非常に小さく、大規模な形式の利点の使用を必要としない、(および最終的に) アプリケーション。

堅牢性、高パフォーマンス アプリケーションの形式のオンライン変換の必要性をシミュレートする場合は、テストの SQL Server を使用する必要があります。 SQL サーバーのテスト オプションを使用して、最終的にデータが正常に変換された、アプリケーションのテーブルおよびクエリの書式設定 APETEST を実際に変更することができます。

サル保存 Apetest.mdb 形式で ApeQuery テーブルで既定のクエリ ステートメントを使用します。 Microsoft (r) Access を使用して、クエリを変更したり、独自のクエリを追加できます。 有用な考えは、exec MyProc などの単純なクエリを追加して、SQL Server で同じ名前を持つストアド プロシージャを作成することです。 この方法で実行できるプロセスが実際にあなた自身のカスタム ストレージ サルのテストを実行します。

ヒント: ApeQuery テーブルにクエリを挿入した場合、図のオプションを変換する「アプリケーション」を使用してください] ダイアログ ボックスで、クエリを選択します。

SQL Server インストールで APETEST 形式の詳細について詳細については、インストールするアプリケーション パフォーマンス プロファイラーを参照してください。

キュー マネージャーで任意の顧客の要求を処理する前に「プリロード変換画像」操作モデルが作成されます。 変換後のイメージに対応する負荷をインスタンス化するとき、それは操作を強制します。 このオプションを設定、ログに記録するこのオーバーヘッドを排除します。
タスクと実際の作業をシミュレートするために残りの期間を指定して CPU タスク。 CPU CPU ワークロードの可用性を確認するコンピューターに画像調整を変換できます。

どのようなこれらの設定に関係なく、作業シミュレーション、唯一の「本物」の仕事は、顧客によって要求されたデータを返す組み込み変換猿画像パーツを決定します。 正確な測定を取得する場合は、独自のオブジェクトを図として変換できます。 これを行うには、"Library.Class.Method"書式指定文字列ライブラリは、通常の画像のオブジェクト名、オープン ソース クラス、メソッドに対応するクラスのオブジェクトは、引数を必要としないメソッドのクラスによって実装を指定できます。

 

 

「データ バックアップ」(「クライアント オプション」ダイアログ ボックス)

「データのバックアップ」タブを使用すると、サービス オブジェクトからデータを返す方法を指定します。

オプション
「(コールバック オブジェクト) を使用してクライアント結果を渡す」
指定します、各顧客を呼び出すクライアントにデータが返されます。

「配列」
顧客にバリアント配列のデータ型を返します。 コレクションの代わりに配列を使用するをお勧めします。

「セット」
バリアントのコレクション データ型がクライアントに返されます。 これは推奨されるオプションではありません。 それだけのコレクションの受け渡しを示しますコスト。

「バイト/行」
それぞれの行は、顧客オブジェクトに返されるバイト数を指定します。

“+/-”
(「バイト/行」ベース) のクライアント オブジェクトのデータ変更に返されるデータのサイズを指定します。

「ライン」
クライアント オブジェクトに返される行の数を指定します。

“+/-”
(ベースとしての「行」) にクライアント オブジェクトのデータ変更に返される行の数を指定します。

 

CIN CPC CPT DDS DPX ECW

 

アニ ANIM APNG アート

 

 

 

 

PCX PGF ピクター PNG PSD/PSB PSP QTVR RAS RBE

 

XBM XCF XPM XWD

AI CDR CGM

アプリケーション エラー メッセージの性能評価

このセクションには、パフォーマンス評価のエラー メッセージのアプリケーションに関するリファレンス情報が含まれています。 これらのエラー メッセージは次のとおりです。

顧客を削除するテストの工程で

CPU またはデータベース タスクを選択する必要があります。

<NAME>アクセスが拒否されました

また、テストの管理に参加する <NUMBER>の外部顧客があります。

要求されたすべてのクライアントが正常に作成されました。

すべての要求された操作が正常に作成します。

エラーが発生しましたサーバー接続の設定の変更

AEExpediter.Expediter のインスタンスを作成中にエラーが発生しました。

レジストリを読み取れません

レジストリへの書き込み中にエラーが発生しました

致命的なエラーのため、アプリケーション パフォーマンス プロファイラーをシャット ダウン

呼び出し再試行疲れ

リモート オートメーションを使用はサーバーに接続することができます。

SVG VML WMF Xar EPS PDF PICT PS

 

アカウント オブジェクトを作成できません。

MTS サービスを作成できません。

オブジェクトを作成できません。

できません作成またはコンピューター上のクライアントの構成

作成またはマシン操作を構成できませんでした。

作成またはローカル クライアント オブジェクトを構成できませんでした。

作成またはローカル ・ オペレーション マネージャー オブジェクトを構成できませんでした。

操作を作成できません。

ディスクがいっぱいで、ログを無効に

ハンドル エラーを割り当てます

エラー ログ ファイルをクリアします。

エラー終了カーソル

ドライブへの接続エラーが発生しました

プロファイルを削除するときにエラーが発生しました

ドライブの接続解除中にエラーが発生しました。

トランザクション エラーを終了します。

クエリの実行エラー

記録エラーを取得します。

リリース ハンドル エラー

エラーの Execute メソッドで

サービスの接続を開くときのエラー

データベース クエリ エラーの分析

データベース クエリの実行エラー

エラー通知アカウント

エラー設定のプロパティ

リモート コンピューター上には、AEServerMgr.ServerMgr を作成に失敗しました。

無効なクライアント マシン名

プロファイル名が無効

無効なリモート クライアント マシン PAM PBM、PGM、PPM、PNM

JPEG HDR Logluv TIFF SGI TGA TIFF TIFF/EP

BMP BPG BSAVE CAL

 

JPEG 2000, JPEG-LS JPEG XR MNG MIFF NRRD

 

DXF エヴァ EMF ガーバー

 

マシンの無効なリモート操作

無効なサーバー名

無効な操作: コンピューター名

必ずインストールして AESvrMgr.exe の正しいバージョンの登録

RacReg32.dll の正しいバージョンがインストールされ、登録されているを確認してください。

顧客を作成することができます。

プロトコルを指定しません。

サーバー マシン名が指定されていません

操作マネージャーを作成することができます。

OLE の競合の再試行

作成し、のみ <NUMBER>クライアントを設定します。

作成および <NUMBER>の Operations Manager を構成します。

有効なログ ファイルを入力してください。

サル マネージャー サーバー コントロールを起動してください。

他のテストを完了するを待つの最初のサル マネージャー プロセス

PoolMgr 拒否疲れの再試行

テストが始まりました

指定されたログ ファイルのパスが有効ではないです。

予期しないエラー

ローカル サーバーに接続を試みます

シークレットクリフ DNG